幼なじみは御曹司さま

『朝のニュースをお伝えします。まずは幸せなニュースです。なんと、モデルマリアの熱愛発覚! お相手は、榊院グループの御曹司……』

 テレビから流れる声が、無機質に耳を通り過ぎていった。
 カップを片手に持ったまま、じっとテレビ画面を見つめる。
 幸せなニュース、か。
 テーブルの上に置かれているリモコンに手を伸ばし、テレビの電源を落とす。とたんに無音の波が部屋の中を包みこむ。手に持っていたコーヒーで唇をぬらし、ため息。

「……彼女、できたんだ」

 お祝いのメールでも送ろうか。でも報告もされていないのにメールって、うっとうしいだろうか。
 考えつつも、ベッドの上に放られていたさみしげな携帯に手を伸ばし、ひと呼吸。そっと画面を見つめる。電話、なし。報告メール、なし。
 心に重たいモヤモヤを抱えたまま、アドレス帳をひらく。

 榊院修平。
 国内にとどまらず、世界にまで手を広げている榊院グループの御曹司。なにがどうなって運命が狂ったのか、私とこの御曹司さまは幼なじみだった。

 榊院グループと言えば超有名グループだというのに、なぜか修平は中学まで平々凡々の公立学校に通っていた。
 さすがに高校は金持ち学校に行くことになって、ああ、ついに修平との付き合いも終わりかあ、なんて思っていたところに、修平が金持ち学校のパンフレットを私の前に突きだして一言。
「おい、ここの特待生入試受けろ」
 あっけなく私の進路は決定した。

 なんだかんだズルズルと付き合いがあったわけだけど、それも大人になって行くうちに減っていった。
 そもそも、住む世界の違う人だったわけだし、ずーっと付き合いが続くなんて思っていたわけじゃなかったけど。

 でも。

「きっついなぁ……」

 携帯の画面に、ポタポタと悲しみの雨が落ちた。ひとつ、ふたつと、しずくがこぼれる。

 好きだった。

 ずっと、ずっと前から。

 それこそいつ好きになったのかさっぱりわからないくらい前から、好きだった。

 でも言えなかった。

 私と修平は幼なじみで。だからこそ。私が彼に特別な感情なんてないと思っていたからこそ、修平は私をそばにおいてくれたんだと思う。

 修平の周りにはいつも人がいた。お金持ちの周りには人が集まるというのは嘘ではない。それに加えて、修平は顔がよかった。サラサラとした絡まりのない黒髪に、スッと綺麗に線の入った二重まぶた。目は少しつり上がっているけど、それがまた男らしさを感じるとかで、とにかくモテた。モテてモテてモテまくった。

 修平はいつもそれをうっとうしそうにしていた。だからもしも、私が修平に恋をしてるなんて知られていたら……私と修平の関係は、あっという間に壊れてしまっていただろう。

 ただの幼なじみとしてではなくて。いつか、いつか私を見てくれたらって、そう願っていたけれど。
 人生というのはそう甘くはない。

 私はただの一般人Aで。お姫さまにはなれないのだ。

「会社、行かなきゃ」

 指先で目じりをぬぐって、立ちあがる。

 もう映ってなんかいないのに、テレビ画面は見られなかった。うつむきがちに家を出る。

 バタン、と、扉がしまった。

 本人に言えないまま、私の恋は静かに終わりを告げた。

 気分の晴れないまま淡々と業務をこなしていく。なにが憂鬱って、たまにヒソヒソとマリアの熱愛の話題が耳に入るからだ。
 そりゃあ、マリアは今をときめく有名モデル。雑誌やテレビに引っ張りだこの、セクシーアンドグラマーな美女だ。男女問わず人気がある、まさに時の人。
 日々つまらない日常を送る一般人にとって、そんな手の届かないお姫さまのような人の恋のお話は、甘い甘いハチミツよりも美味しい、生きるエネルギーなのだ。

「さーら!」

 淡々と帰り支度をしていると、後ろから首を絞められた。

「うぐっ、首、首絞まってる!」
「あらごめんね。沙良もう帰っちゃうの?」
「あー、うん。今日は疲れたから帰る」

 ふわふわの肩までの髪をゆらしながら、会社の同僚である、水野陽菜は頬をふくらませた。

「えー、ごはん行こうよー」
「あー、うん。また今度」
「話、あるでしょ?」
「……」

 荷物をつめていた手が止まる。
 陽菜がにんまりと笑った。

「今なら特別大サービス! 愚痴言いたい放題! なんならドリンクも料理もつけちゃうよー」
「もう、なにそれ」

 小さく笑うと、陽菜がパチンと指を鳴らす。

「なんでも聞くから、明日はもう少し、笑ってね!」

 言葉に迷って、手を頬にあてる。ふにふにと肉をつまんだ。そんなに暗い顔してただろうか。私情は持ちこまないようにしようと、普通にしてたはずなんだけどな。

「……ありがとう」

 小さくつぶやくと、陽菜は天使さまのように慈愛に満ちた顔で笑った。

「それじゃあ、夜の街、しゅっぱーつ!」

 私と陽菜は会社を出て、夜の闇に向かっていった。

 ガヤガヤと騒がしい店内。中年サラリーマンがひしめき合う、木製オンボロ居酒屋。
 目の前の陽菜は、少し頬を赤く染めて、ダンッ! とジョッキビールをテーブルに叩きつけた。

「だいたいねぇ、沙良も悪いのよ、さらもぉ」

 酔ってるな、完全に。

「なんで私が悪いの」
「そりゃあ、なーーんにも言わないからでしょうがぁ」
「……」
「言わないで伝わる想いが、どこにあるって言うのよぉ」

 うぐ、正論すぎてなにも言い返せない。
 気まずさをごまかすために、レモンサワーを口に運ぶ。

「だいたい、あんたたち一緒にいて何年よ、何年!」
「えーと、大学は別々だったから、本当に一緒にいたのは小、中、高だから……12年?」
「はーいー? 12年? 12年も一緒にいてなーんにも言えないって、どうなってんのよぉ。この子の頭はぁ」

 目をすわらせた陽菜が、キレイに手入れされた尖った爪で私のひたいを突き刺す。

「ちょ、痛い、痛いってば。爪刺さってる!」
「わざとに決まってんでしょーが」

 言ってることは横暴だが、ヘラリと笑う顔はかわいい。ちくしょう、憎めない顔してる。

「そうは言っても……言えないよ」

 陽菜が片手で頬杖をついて、片手でジョッキビールを煽る。顔に似合わず豪快だな。

「あっちはさ、御曹司だよ。そりゃあ相手だってそれなりの血筋っていうか、良い家柄の人を選ぶでしょ」

 私の家は、ごくごく普通。ただのサラリーマンと専業主婦の家だ。べつにそれを恨んでなんていないし、愛情たっぷりくれた両親にはすごくすごく感謝している。
 でも、もしも、もしも私がどこかの令嬢だったら、この想い口にできたのかなとかは考えたことはある。

「まあ、その御曹司が選んだのはモデルだけどねぇ」

 ぐ、たしかに。家柄ではなく顔か。顔がすべてなのか。

「もっと美人に生まれたかった……」

 パタリとテーブルに突っぷす。

「沙良はじゅうぶんかわいいよぉ」

 にへらぁと陽菜が笑う。かわいいのはどっちだ。ふわふわの髪にくりくり目。なんだかリスみたいだ。

「まぁ、もういいんだ。もともと、言うつもりなんてなかったんだから」
「……言わないの?」

 ジッと、大きな瞳が私を見つめてくる。

「……言わないよ」
「どうして?」
「今さら言って、どうなるの。言ってなにもかもがなくなっちゃうくらいなら、このまま友だちとして……幼なじみでいたい」

 私の言葉を黙って聞いていた陽菜は、少し困ったように眉をハの字に下げて、小首をかしげた。

「沙良ぁ。言わなきゃわからないことなんて、世の中いーっぱいあるんだからね」

 わかってる。わかってる。
 言えないのは、私がずるい女だから。
 だって言ったら、終わってしまう。ほんの少しの夢を見ることも、なくなってしまう。

 私は……つながりが消えてしまうことが、一番こわい。

「しかたないなぁ、じゃあ、今だけ御曹司くんの代わり。ホラぁ、なんでも言って?」
「……っ」

 かわいくて、優しくて。
 修平の好きになったモデルのマリアが、陽菜みたいな人だったらいい。そんな素晴らしい人なら、私はきっと応援できる。
 おめでとうって、そう言える。

「あのね。好きだったの」
「うん」
「……っ、好きだったんだ。ずっと、ずっと、ずっと前から」
「うん。辛かったね」
「……ッ」

 ボタボタと涙があふれた。
 近いのに、一番遠い。幼なじみっていう距離は、時に残酷だ。見たくないものまで、見えてしまう。知りたくないことまで知ってしまう。
 でも、一番嫌なのは。
 なにもかもを押し隠して修平のとなりに立ち続けることを選んだ、真っ黒な私。

「いっぱい泣いちゃえ。私は笑った沙良が好きだよ」

 この気持ちも全部、流れてしまえばいいのに。

 泣いて、泣いて、泣き疲れて。私たちは互いにタクシーで帰宅した。タクシーの中で携帯を見て、電話とメールがひとつずつ来てることに気づく。
 疑問に思いながら着信履歴を見て、固まる。
 榊院修平。
 ドクドクと心臓が嫌な音をたてた。
 次にメールを見る。
 バックン! 心臓が飛び起きた。

「明日、会えるか」

 それだけが書かれていた。
 明日って、明日ってなんで!? まさか、彼女を紹介したいとか? 待って待って、まだ心の準備ができていない。今はまだ、笑えない。

 私はふるえる指で返事を打った。

「ごめん、明日は用事があるんだ。また今度ね」

 送信。

 すぐに携帯がふるえた。はや! もう深夜だけどっ?!

「なら、あさって」

 暇人か!
 心の中でツッコミつつ、また返事を打つ。

「あさっても忙しくて……再来月でいい?」

 送信っと。
 またすぐにふるえた。もうなにも言うまい。

「はあ? 再来月って、そんなに忙しいわけあるか」

 いやまあ、そうなんだけど。私の心の準備ができるのが再来月かなあって。まあ、そんなことは言わないけど。
 なんて返事をするか迷っていると、また携帯がふるえた。今度はだれ?
 首をひねりながら携帯を見て、修平からであるのを確認して呆れながらメールをひらく。なんてせっかちな。

「明日、おまえん家行くから」

 は?

 目をこする。目を瞬いてみても変わらない。

「はぁあああ?」
「うぉっ、お客さん、驚かせないでくださいよ」
「あ、どうもすみません」

 そうだった。タクシー乗ってたんだった。恥ずかしい。体を小さくしながら、無理だと返事をした。だけどそれっきり、携帯はうんともすんとも言わなくなってしまった。

 家に帰っても寝られず、ギンギンと冴え渡る頭で考える。家に来るって、なんで?! まさか、マリアとっ?
 どうしよう、ウチそんなに広くない。ああ、待った、片づけてないっ。こんな家にスーパーモデルのマリアが来る?!

「か、片づけなきゃ!」

 布団を跳ね飛ばして、夜中の大掃除を開始した。

 うっすらと町が明るくなりはじめたころには、部屋どころか家中がピカピカに輝いていた。
 ふぅ、なんとか終わった。
 でも徹夜してしまった。今日の仕事、大丈夫だろうか……。

「お風呂はいろ……」

 なにやってんだろう、私。
 恋敵のために家をピカピカにするなんて。ああ、でも諦めるって決めたから恋敵じゃないのかも。もしかしたら友だちになれるかもしれない。スーパーモデルと友だち。それでいいじゃないか。
 失うものなんて、なにもない。

 お風呂からあがって、身支度を終えて家を出る。眠気におそわれて、あくびを噛み殺した。

 絶対に残業しない。帰る。

 心に誓いを立て、会社へと赴いた。

 その日の業務が終わるころには、ねむくてねむくて、頭がぐるぐるとまわっていた。

「おつかれさま、でーす」

 体に鞭を打って会社をでる。まずい、ねむい。電車で寝てしまいそうだ。ひとまず家、家まで。

 なんとか家までたどり着いて、ひと息。

 そして奴はいったいいつ来るんだ。
 携帯に連絡、なし。ごはんとか、いるのかな。ああでもとりあえず……

「寝よう……」

 一時間だけ。一時間だけ、寝よう。
 アラーム、つけなきゃ……。
 体は鉛のように重くて、私はベッドに顔だけ突っぷしたまま、眠りについた。

「……おい、オイ、沙良」

 耳もとをなでる声。ちょっとうるさい。手で払うと、そっと頭を這うなにか。あたたかくて、気持ちいい。

「おい待て、寝るな」
「ん……」
「起きろ。沙良」

 肩をゆさぶられて薄く目をあける。
 ホッとした顔をしているイケメンと目があった。

「ようやく起きたか。おまえ、無防備すぎだぞ。鍵もかかってなかった。変質者が来たらどうするんだ」
「……変質者?」

 男を指差すと、目の前の顔が引きつる。

「だれがだ。ふざけてる場合か」

 ゴツンと拳が落ちて来てようやく目がさめる。

「ん……ごめん、寝てた」
「見りゃわかる。疲れてたのか?」

 疲れたと言えば疲れた。昨日掃除したおかげで。……って、まずい!

「マリアは!?」

 体を起こして部屋の中を見まわす。
 部屋の中にはだれもいない。まさか帰った?!

「マリア? おまえの知り合いか?」
「はい? なにすっとぼけてるの? 修平の彼女でしょっ!?」
「…………は?」

 は? ってなんだ、は? って。そんなすっとぼけた顔しても、もう全国民に知れ渡っている。

「おい待て」
「なに? それよりマリアは?」
「だから、マリアって、だれだ?」
「は? だから修平の彼女」
「いつ俺に彼女ができた?」
「いや、そんなの知らないけど……でもできたんでしょ?」
「だからなんでそうなるっ!?」

 ひたいを押さえる修平は、そのまま疲れたように目をおおった。

「彼女……いないの?」
「いたらこんなとこ来るか」
「こんなとこで悪かったね」
「いや、そういう意味じゃなくてだな……」

 チラリ、指の隙間から修平の目がのぞく。

「とりあえず、ひとついいか?」
「なに?」
「なんでおまえの部屋……こんなにキレイなんだ?」

 とりあえず殴った。殴られた頬をおさえる修平を無視して立ちあがる。

「おい待て。最近だれか家にあげただろ」
「あげてませんけど」
「おまえの汚部屋がこんなにキレイなんておかしい」
「汚部屋じゃありませんけどっ!?」

 だれの部屋が汚部屋だ。失礼な。そりゃ修平の家みたく広くないから、物が多くなってごちゃごちゃして見えるけど。それなりに整理整頓はされている。

「で、マリアはいないの? なんの用?」
「だからマリアってだれだ。まあ、今日来た用ってのは、これだ」

 修平が立ちあがり、紙袋を私の頭の上におく。

「なにこれ」
「お土産」
「お土産?」
「ああ。親父の手伝いで海外行ってた」
「海外!?」

 いつのまに海外なんて。たしかに榊院グループは最近海外事業に手を伸ばしてるって噂だけど。

「親父もさみしがってたぞ。最近沙良ちゃんが来ないって」
「そりゃあ、まあ。もう子どもじゃないんだから、そんなホイホイと行けないよ」
「べつにそんな今さら。いいって言ってるんだからいいんじゃねえの」
「わかってないなあ、修平は」

 ただの幼なじみがあの榊院グループの家においそれと入っていけるはずがない。

「それよりこれ、ありがとう」
「ああ、うん」

 さっそくあけようとすると、修平が慌てたようにそれを止める。

「ちょっと待て!」
「なに? 早く渡したかったってことは生ものじゃないの?」
「……おまえ、その形が生ものに見えるのか」

 その形って……たしかに少し小さな紙袋だけど。少しふくらみがあって……。

「チョコレート?」
「……太るぞ」
「うるさいなあ。いつもいつも食べてないからいいの!」
「ほぉ?」

 疑うような眼差しからそっと視線をそらす。

「それで、なに? これ」

 生ものじゃなくて見てはダメな物って、なんだ。そんなもの皆目検討もつかない。

「あー、ちょっと予定が狂ってな」

 ガシガシと後ろ髪をかいた修平は、ローテーブルの前に腰をおろし、となりをトントンと叩く。なんなんだと思いながら腰をおろした。

「まず、いくつか聞くことがある」
「なに?」
「家にだれか来たか?」
「だれかって? だれも来てないけど」
「じゃあなんで部屋がきれいなんだ」

 失礼なやつだな。部屋がきれいだと悪いのか。

「マリアが来ると思ったから」

 だれかさんの彼女のために寝る間を惜しんで掃除したというのに。

「あー、それだ」

 修平が、困ったように眉を下げた。く、かわいい。いつもは鋭い目がかわいく見える。

「マリアって、だれだ?」

 呆れとため息。私は黙って携帯を取り出して、ネット検索をする。マリア、熱愛と。
 そして出てきたページを無言で修平の前に突き出した。

 不思議そうに文字を追っていた修平は、やがて顔を引きつらせ、冷や汗を流し、最後には顔面蒼白になった。

「おい待て……なんだこれは……」
「熱愛だったの、知らなかったよ。言ってくれればよかったのに」
「いや、違うっ」
「まあ、モデルと熱愛なんてホイホイ言えないかもしれないけどさ。でもホラ、私たち、幼なじみなんだし」

 修平が息をのんだ。そして、顔をゆがめて歯をくいしばる。

「違うって、言ってるだろ」
「今日もさ、急に家に来るなんて言うから、マリアを紹介してくれるのかなーって思ったんだけど」
「……」
「やっぱりマリアみたいな有名人は忙しいよね。本当はね、おもてなししようと思ったんだけど、昨日掃除頑張ったらさ、眠くなっちゃって。それで……」

 ペラペラと止まらない口を、修平の鋭い眼光が止めた。

「おまえは……それで、いいのか」
「な、なにが?」
「もてなしてくれるつもりだったのか」

 きゅっと、スカートをにぎる。少しだけ、シワになった。

「だ、だって、修平の彼女を面と向かって紹介されるの、はじめてだし。ちゃんとお祝いしなきゃって」
「……彼女なんていたことない」
「……」
「おまえが一番、知ってるんじゃないのか」

 そんなの、わからないじゃん。言ってくれなかっただけで、いたのかもしれない。だって、修平に告白した女の子なんて星の数ほどいる。

「悪い。今日は帰る」

 ハッとして顔をあげる。

「あ、見送り……」
「いい。じゃあな」

 立ちあがった修平が、振り返らずに出ていく。バタンと、扉がしまった。

 なにそれ。なに急にあんなに怒って。私が悪いの?
 ポタポタと目からしずくがこぼれた。膝を抱えようとして、紙袋が床に落ちる。

「あ、これ……」

 なにが……。

 紙袋の中には、小さな箱。丁寧に包装を解いて、出てきたものに目を見張る。小さな正方形の箱。アクセサリーとかが入っていそうな。
 ふるえる手で、箱をあけた。
 キラキラと輝く光が、目を焦がした。

 次には、駆けだす。バタバタとなりふりかまわず、適当に靴に足を突っこんで、アパートの階段を駆け下りる。

 どこ、どこ、どこっ!

「しゅ、修平ーーッ!」

「うっせ」

 アパートのすぐ下、ポケットに手を突っ込んだまま塀に背中をあずけて、長身の男が立っていた。

「しゅ、修平……」

 へなへなと腰がぬけて座りこむ。
 前に、影ができた。同じように座りこんだ修平が、ムッとした顔で見つめてくる。

「ばーか」
「ば、ばかって、なに」
「追って来なかったら、本当に終わりだと思った」

 情けなく、修平が笑う。
 私はゆっくり右手をだす。

「な、なに、これ」
「見てわかんねえか」
「わ、わかんないよ」
「嘘つけ」
「わかんない」

 修平がため息をついた。

「指輪、普通は左手だろ?」

 小さく息をのむ。
 修平の手が、私の右手をとる。大きな骨張った手。いつのまにか、昔みたいな子どもの手ではなくなってしまった。

「な、なんで?」
「ん?」
「なんで、指輪……」

 修平が私の指先に手を絡める。
 ドキンっと心臓が飛び跳ねた。
 作りものみたいに整った顔が、私をジッと見つめる。ゆっくりと、修平の薄い唇がひらいた。

「好きだからだ」
「……ッ」
「沙良のことが、ずっとずっと、好きだったからだ」

 夢でも、見ているのだろうか。こんなこと。

「なのにおまえ、ちっとも気づいてくれねえし。そしたら親父が、欲しいなら無理矢理ぶんどれって言うからさ」
「……浩さん、すごいね」

 考え方が。
 それが金持ちの考え方なのか。ちょっとついていけるか、心配。

「一大決心して告白しようとしたら、マリアだの彼女だの言われて、正直ムッとした」
「ご、ごめん」
「俺の気持ち知りもしないくせにって」

 いやあ、でもあんなの見たらしかたないと思うんだ。私は視線をそらした。

「でも、熱愛って」
「あんなのデタラメだ。勝手なことばっかしやがって。つうか、普通匿名だろ? 俺一般人だっての」
「いやぁ、修平が一般人って無理があるんじゃない?」
「あ?」

 眼光でひと突き。私は口をとざした。

「しゅ、修平は、私が好きなの?」
「信じられないか?」
「でもマリアさん」
「ああ、それだけど。たぶん母さんの仕事相手だろう。たしかに見たことあるしな」
「……幸代さん、デザイナーだっけ」
「ああ」
「付き合ってないの?」
「ないの」
「じゃあなんで熱愛?」
「あー、たぶん、家に送ったことならある」
「へぇ……」

 天然タラシめ。

「おい、送っただけだ。母さんの仕事相手だからな」
「ふーん。そうですか。ほぉ?」
「てめ。信じてねえな?」

 ……なんだ。違ったのか。全部、全部。
 指先にきらめく石を見つめる。

 夢じゃ、ない。

 本当に?

 こんなことが現実で起こるなんて。

「それで?」
「え?」
「え、じゃねえよ。すっとぼけんな。返事、まだもらってない」

 目をまるくして修平を見る。
 ふてくされたような顔をするのがなんだかかわいくて、笑いながら手招きした。

 答えなんて、決まってるのに。

 そうでなければ、あんな必死になって追いかけたりしない。

 だって、ずっとずっと前から私は──

「あのね……」

 修平の耳もとでささやくと、修平の顔がゆでだこのように真っ赤に染まった。

 ずっと、あなたに恋をしている。