2すべては始まった

 その日、私の世界は崩壊した。

 ピシャーンッ!と私の頭の上に雷が落ちたような衝撃が全身を貫く。本当にしびれているような気さえして、体がぶるぶると震えた。

 目の前には、ボゥっと浮かびあがるホログラム映像。ただのホログラムだ。

 だけど、私の世界を一変させるには十分すぎる映像だった。

『渡り鳥、風碧(かざみどり)ルイス、追加手配』

 どこで撮られた映像なのか、崩れた建物を背後に、こちらを見つめる彫刻。いいや、彫刻に見えてしまうほど恐ろしく整った顔立ち。
 犯罪者だなんて思えないような、優雅な立ち姿。かすかに風になびいているように見える、混じり気のない金の髪は美しく、澄み渡る空のような青い目は、まぶしそうに細められている。
 そして、チラリとのぞくひたいには、碧(みどり)の、石。

 私はこの日、すべてを思い出した。

 私はこの世界を『知っている』。

 ココは、私が愛してやまなかった『ドリームバード』というマンガの世界だった──

 フーッと意識が遠退いていった。

「大変よ、あなた! リィルちゃんが、リィルちゃんがっ! 倒れたメタ〜!」

 そう、なにを隠そう、私は忌まわしき海の一族に生まれてしまっていたのだから。

 かつて私には、愛してやまない愛読書があった。
 頭がよくなる参考書とか、すぐ人気者になれる自己啓発本なんかではない。大人から子どもまで、全世界の人間が愛する本、そうっ、マンガだ!
 国内にとどまらず、世界にまで進出するマンガの中でもひときわ飛びぬけていた、ドリームバード。通称、ドリバ。
 謎の石板を読み解いた者には不思議な力が宿るという、夢と希望あふれる、ドラマチックバトルファンタジー!

 ドリバは、空飛ぶ船に乗る者たちを『渡り鳥』と呼ぶ世界で、主人公は自分の船で空を飛び回る、この世界では、犯罪者。
 でも、マンガではヒーロー!

 そんな読者のヒーローである、渡り鳥の中のひとり、風碧(かざみどり)ルイスを、私はこよなく愛していた。
 ルイスはどちらかというと脇役で、たいしてマンガには登場しなかったけれど、ほんのわずかな登場で大量のファンがつくほどの、イケメン!
 さらには、謎の石版を読み解いた証でもある『石』をひたいに持ち、風を自在に操る。ちなみに、風碧という二つ名は、風見鶏とかけてるんじゃないかと、ファンの中ではもっぱらの噂だった。

 まあ私の愛するこのルイスだが、とにかくかっこいい!
 裏世界のドンと呼ばれる、シルバーボーテンの天空船(てんくうせん)の中でも、一二を争うやり手。天を切り裂き、地を切り裂き、人も切り裂く、まさに切り裂きジャック! ドンであるオリガーに逆らう者は容赦しない、冷血のルイス!
 だけど仲間には優しく、なんだかんだ情に流されやすいし、ツッコミもボケもできるという万能性! 仲間たちと、辛すぎるという火吹きドリンク一気飲み大会とかやってしまう、お茶目な一面もあるのだ。はぁ、今思い出してもかっこいい!

 そして!
 ここが一番重要だ。

 私は、おそらく、おそらくだが……おそらくおそらくおそらく!

 その愛すべきマンガ、ドリームバードの中にいる。