第10話

 はじめてのダンスレッスンを終えた夜、部屋でマリーの淹れた紅茶を飲みながら足をマッサージしていると、軽いノックが響く。
 マリーが対応しつつ部屋を出ていったのを見て、私は誰が訪ねてきたのかすぐにわかった。

「ローゼ」

 案の定、部屋に入ってきたのはルーカスだった。ルーカスが来るとマリーは部屋を出ていく。
 なぜかはわからないが、城のメイドというのはそういうものなのかもしれない。

 ルーカスは私のそばに歩みよると、視線を下げて私の足を見つめる。

「おや、疲れてしまいましたか?」
「かかとの高い靴がどうにも合わないの」
「ああ、あまり履いたことがなかったのですね。靴擦れなどは?」
「平気。私の皮膚、頑丈だから」

 下手をすると裸足で歩いたりしているくらいだ。靴擦れをするような、やわらかな肌はしていない。

「そうですか。ダンスはどうでした?」
「けっこう楽しかった」
「ローゼは運動神経がいいようですからねぇ。この城に登ってくるくらいですから」

 ルーカスは口もとに笑みを浮かべながら、私の手前のイスを引いた。どうやら居座るつもりらしい。ルーカスが長居するなんて本当は嫌なのだが、今日は体を存分に動かしたこともあって、気分がいい。話し相手がほしいと思っていたのだ。

「そうだ。あの変な講師はルーカスが呼んだの?」
「オズワルト婦人でしょうか?」
「そう。オズワルト講師」
「ええ、そうですよ。彼女は優秀でしたでしょう?」

 優秀と言っていいのかとても危ういが、たしかに踊れるようになったので文句はない。

「あとは、あの人。サルタス」
「ああ、兄上ですね。ローゼのパートナー役をやりたいと、今朝申し出てきましたよ」
「え、やっぱりそうなんだ」
「はい」

 あの無愛想な男が自ら名乗りでるなんて、どういう事態だ。

「あのふたりは、美しいものと、かわいいものが好きなのです」
「……はい?」

 聞こえた理解しがたい言葉に目をまたたく。

「とくに兄上は、かわいいものがお好きなのですよ」
「えっ、あんな顔で?」
「見た目などは、あまりあてにはなりませんよ、ローゼ」

 おっしゃるとおりなのだが、にわかには信じがたい事実だ。あの鋭いナイフのような顔で、かわいいものが好きだなんて。

「兄上も似合わないとわかっているようですので、隠してらっしゃるようですが、部屋にぬいぐるみがいくつか置かれていますね」
「そうなんだ」

 とてもファンシーな趣味だ。ぜひとも一度、サルタスが部屋にいるところを見てみたい。今度部屋に進入してみようか。

「ローゼが盗ったあのぬいぐるみも、実は兄上にプレゼントしようかと考えていました」
「えっ、そうだったの?」
「なかなかにかわいいものでしたので」

 そういう理由があったのか。だが、だからと言って幼いエミリアのぬいぐるみを盗るのは感心しない。
 エミリアは、ぬいぐるみがないと泣きわめいていたのだから。一国の王子なのだから、そこは拾ったものではなく、新しいものを買うべきだ。

「あ、そういえば、あのとき言ってた占いって、なんのこと?」
「ああ、アレですか。あれは兄上が行っているのですよ」
「えっ……」

 まさかあの顔で占いまでしているなんて、なかなかに変な男だ。

「兄上が黒猫のぬいぐるみがラッキーアイテムだとおっしゃったので、プレゼントしたかったのです」
「ああ、そういうことね」

 なんだかいろいろ繋がった。
 頑なに黒猫のぬいぐるみを渡したがらなかったわけも、なぜぬいぐるみなんか欲したのかも。
 そういえば私が城に進入したときも、占いがどうとか言っていた。だからサルタスは私のことを知っていたのか。

 しかし、もとを辿ればすべての元凶はサルタスということになる。
 あの男がぬいぐるみを趣味にしていなければ、私は今ごろここにはいなかっただろう。

 ムカムカする気持ちを押し流すように、紅茶を口に含んだ。

「すこしはこの国に興味を持っていただけたようで、うれしいです」

 ルーカスが、ごく自然に笑みをたらした。紅茶がのどに詰まりそうになって、むせ返る。

「どうされました? 大丈夫ですか?」

 ルーカスが慌てたように私のそばに寄り、背中を軽くたたいてくれる。咳きこみながら、大丈夫だと首を縦にふった。
 まさか、またあんな笑顔を見せるなんて。油断していた。

「慌てて飲む必要はないのですよ」

 おだやかな声に違うと文句を言いたかったが、それは咳と一緒に外へ吐きだした。言うべきではないと思ったからだ。なにより、ルーカスは自分の笑みの強烈さに気づいていないだろう。
 彫刻のように美しい顔が笑みを浮かべると、それは凶器となるのだと、私は身をもって体験した。

「疲れているのかもしれませんね。今日は早く休むのがいいでしょう」
「う、うん。そうする」
「……もうすこしお話ししたかったですが、それはまたにしますね。ローゼ、ゆっくり休んでください。おやすみなさい」

 ルーカスは私の髪をひとふさとると、軽く口づけを落として部屋をでていった。

 私は誰もいなくなった部屋で、ルーカスが口づけを落とした髪をつかみ、軽く拭って深いため息をついた。